ピックアップ記事
PICKUP
【12/16上映開始】『この上ない映画鑑賞体験!『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』で“水”を感じる』についてTwitterの反応
(出典 www.j-wave.co.jp)

『この上ない映画鑑賞体験! 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』で“水”を感じる』についての記事の要約

2022年も残り約2週間という年の瀬に、世界的には今年最大の話題作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』がついに公開を迎えた。

日本でも興行収入156億円を稼ぎ出し、日本歴代興行成績において、洋画では歴代5位の記録を保持。

興行面だけでなく、第82回アカデミー賞では作品賞を含む9部門にノミネートされ、美術賞、撮影賞、視覚効果賞の3部門を受賞するなど、批評的にも大成功を収めている。

公開当時、3D映画がまだそこまで浸透していなかった時代に、最新の技術を駆使した革新的な映像は世界中を興奮の渦に巻き込んだ。

あれから13年、映像技術がさらなる発展を迎える中で、『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の映像はどう進化したのかーー。

(出典 theriver.jp)

事前に見ていた予告編や、劇場で鑑賞できたフッテージ映像などからも、映像のクオリティには目を見張るものがあったが、やはり劇場で鑑賞するとそれ以上の驚きと感動があった。

映画を通して“水”を感じることができるなんて、こんな映画鑑賞体験はおそらく他の作品ではもうないのではないだろうか。

同じく“海”が大きな舞台装置として機能していた『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』の海上でのバトルシーンが若干霞んでしまうほどだった。

(出典 www.fashion-press.net)

前作『アバター』は、帝国主義や環境問題などの社会的イシューがベースにある中で、アクションやラブストーリーが展開されていたが、今回の『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は、主人公であるジェイク(サム・ワーシントン)とネイティリ(ゾーイ・サルダナ)に子供が生まれたことにより“家族”が大きなテーマとなっており、人間ドラマの要素が格段に強まっている。

前作から13年ぶりの続編となった『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』以降は、2024年公開予定の『アバター3』、2026年公開予定の『アバター4』、そして2028年公開予定の『アバター5』と、2年おきに新作が作られるという『アバター』シリーズ。

(元記事の出典:リアルサウンド)

『ジェームズ・キャメロン監督、『アバター』に込めた思い 映画産業に抱く危機感と希望も語る』の記事の要約

2009年、革新的な映像で全世界に衝撃を与えた『アバター』から13年。

ジェームズ・キャメロン監督が続編となる『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』(公開中)を引っさげて来日。

前作からは13年という歳月が流れており、その間テクノロジーを含め時代は大きく変化している。

(出典 mezzomiki.jp)

キャメロン監督は「製作をスタートさせたのは2017年9月でした」と語ると、それまでの期間は「続編だけではなく、さらに3作ぐらい撮りたい」という野望のもと、潜水艇に乗ったり、様々な場所を撮影したりして、湧き出るキャラクターのアイデアとなるリサーチ、さらには新しいテクノロジーとしてパフォーマンスキャプチャー(三次元空間における人間の動作に加え、表情の変化もデジタルデータとしてコンピューターに取り込む手法)の研究に費やしたという。

製作がスタートしてから、『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が完成するまでには5年という歳月を費やした。

その間には新型コロナウイルスによるパンデミックで製作が止まった期間もあった。

それでも、当初抱いていた『アバター』という作品の構想は「全くブレなかった」とキャメロン監督は断言する。

世界に衝撃を与えた『アバター』から13年経って公開を迎えた本作は、またもや圧倒的な映像美を観客に突きつける。

キャメロン監督は「まず劇場で観てください。DVDや配信を待たないでください」と呼びかけると「なぜかと言うと、いまはいろいろな方法で映画を観ることができますが、3D、4K、ハイダイナミックレンジ、ハイフレームレートなど、大きなスクリーンで観ることを想定した技術で作られた作品だからです」と語る。

こうした技術によって、キャラクターデザインを複雑化することができ、より大きなスクリーンで躍動するという。

驚異的な映像美が本作の大きな魅力の一つではあるが、同じぐらいドラマチックなストーリーも作品に深い彩りを与える。

(出典 media.vogue.co.jp)

キャメロン監督にとって、特に思い入れの強いシーンはどこなのだろうか。

キャメロン監督自身、幼少期に「周囲から理解してもらえない」「うまく周りとなじめない」と疎外感を感じ、それを父親に理解してもらえないことがあったという。

キャメロン監督の作品の特徴に、“こうなってほしくない未来”と“希望”が同時に描かれることが多い。

「父親でもある私の気持ちとしては、子供たちの未来を守ることが大事です」と述べると、「その意味で、SFはあまり喜ばしくない未来が描かれることもありますが、それは警告する意味でもあると思います。人を守ってくれるガードレールのような役目なんです」と持論を展開する。

希望という意味では、現在映画産業を取り巻く環境は決して明るいものではない。

キャメロン監督は「パンデミック中、閉鎖される映画館が多く、北米では配信が非常に儲かりました。その時期に劇場がおざなりになってしまった。作品を配信用に作るのか、それとも劇場用に作るのか。我々は劇場を欲しなければいけません」と危機感を口にし、「映画はとても大切なものです。それが文化としてなくなってしまうのか。『アバター』でさえも、これから続編が作れるかどうかは本当に分かりません。縮小された映画市場を乗り越えて行けるのか。私は乗り越えられることを願っています」と映画産業への熱い思いを述べた。

(元記事の出典:マイナビニュース)

アバターシリーズ > アバター:ウェイオブウォーターアバターウェイオブウォーター』(原題: Avatar: The Way of Water)は、ジェームズ・キャメロン製作・脚本・監督による2022年のアメリカ合衆国のSF映画。同年12月16日に日米同時公開された。『アバター
18キロバイト (2,169 語) – 2022年12月16日 (金) 15:36

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』に関連する動画

特報『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』2022年12月16日(金)劇場公開 – YouTube

(出典 Youtube)

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』についてTwitterの反応

映画『アバター』公式
@avatarmovie_jp

@weareyk あなたへの推しポイントは…    “メッセージ”🌊水はすべてをつなぐ🌊生まれる前から *だ後も―ジェームズ・キャメロンが現代社会に問うメッセージに注目✉️『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター… https://t.co/FjJiYvAxrT

2022-12-17 07:18:17

(出典 @avatarmovie_jp)

ナイン@小説仮面ライダークウガ映画化熱望中🔥
@eclipse_0327

早く『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』観たい😆上映時間が何と3時間12分‼️2005年公開のキングコング並の長さ😮🚻行かないでコンプリートしたいなぁ😅 #小松由佳 #東地宏樹

2022-12-17 07:17:25

(出典 @eclipse_0327)

映画『アバター』公式
@avatarmovie_jp

@YGamer777888 あなたへの推しポイントは…    “メッセージ”🌊水はすべてをつなぐ🌊生まれる前から *だ後も―ジェームズ・キャメロンが現代社会に問うメッセージに注目✉️『アバター:ウェイ・オブ・… https://t.co/QcURCvy090

2022-12-17 07:17:17

(出典 @avatarmovie_jp)

映画『アバター』公式
@avatarmovie_jp

@ONCEmatsu あなたへの推しポイントは…    “3️⃣D体験”ジェームズ・キャメロンが生んだ<究極のリアリティ✨>もはや異次元の<”没入型”映像体験>👓『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』12.16… https://t.co/7nJBZRrKhM

2022-12-17 07:17:17

(出典 @avatarmovie_jp)

日常の中のfantasy 【所属:Team Mr.Children】
@fantasy0308510

#起きたら802にぃにぃ 皆さんおっ    はよーーーございます😊次の休みにアバター ウェイ・オブ・ウォーター観に行ってきます♪久しぶりの3D楽しみです♪リクエストWeeknd NOTHING IS LOST https://t.co/y3L8ps7aKQ

2022-12-17 07:17:05

(出典 @fantasy0308510)

映画『アバター』公式
@avatarmovie_jp

@reddog608 あなたへの推しポイントは…    “アクション”あのクオリッチ大佐がアバターとして復活、敵の戦力は強大に―。ジェームズ・キャメロン印の超絶アクションに注目💥『アバター:ウェイ・オブ・ウォ… https://t.co/V3ZR4ntL87

2022-12-17 07:16:17

(出典 @avatarmovie_jp)

リチャード・パパ
@Richard_PaPa3

おはようございます!昨日アバター ウェイ・オブ・ウォーターが公開されたので、さっそく初日から観てきました♪映像がとても綺麗で感動しました。涙するシーンも。前作は13年前だったんですね。前作を観てから今作を観ることをおすすめしま… https://t.co/OA0nQvVMGX

2022-12-17 07:01:00

(出典 @Richard_PaPa3)

シネマンドレイク
@cinemandrake

【感想 書きました🐋】今作は海洋保護が明確にテーマになっており、なにせヴィランは捕鯨業者ですからね。海中シーンの美麗さは別次元ですし、サメ映画でもあり、怪獣映画でもある。海のエンターテインメントを極めてます。『アバター ウェイ… https://t.co/uA1zO6zE4z

2022-12-17 07:01:00

(出典 @cinemandrake)

China Tips by myokoi
@myokoi1962

映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」が12月16日零時に中国で公開。既に前売り段階で売り上げは1億2600万元を突破している。 #中国

(出典 )

2022-12-17 06:53:21

(出典 @myokoi1962)

CINEMAS+|シネマズプラス
@Cinemasby

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』4DXでこそ観てほしい「3つ」の魅力を解説!#アバター#アバターウェイオブウォーター#アバターWOW https://t.co/GQDykEp1iH

2022-12-17 06:30:02

(出典 @Cinemasby)

ひげの吉田 (吉田雅行)
@hige_yoshida

『#アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』映像が綺麗。前作同様、青いみんなが愛おしくて、あいつらが憎かった今回は父親目線で、子供たちの心配しながら鑑賞3時間超なんて感じさせず、あっという間でした#アバターWOW #アバ体験… https://t.co/qLGDMiHckr

2022-12-17 06:24:53

(出典 @hige_yoshida)

ミニタ〜ボ♪|Mini Turbo♪30K
@3594miniturbo

今日はアバター2(ウェイ・オブ・ウォーター)観に行きたいなぁ〜アリオならマイナポインント(第2弾)で貰ったnanacoで観れるから実質無料。昨日から待ちきれなくて前作何回も観てる。

(出典 )

2022-12-17 06:00:41

(出典 @3594miniturbo)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事